当ブログ厳選記事はこちら!

週刊しろくまくんvol.7:好きを仕事にするということ

週刊 しろくまくん

どーも、しろくまくんです(@banban1971)です。

現在リゾートバイト中なのですが、覚えることも多く、業務が終わったら帰って寝るという生活を送っております。

というわけで、今週はあまりブログを書いたり本を読んだりという、やりたいことに時間をさけていないのですが、その中で感じたことを少しだけまとめておこうと思います。

 

それでは、週刊しろくまくんスタートです!

今週のPick Up記事

https://team9648.com/gr3-open/

リコーイメジングのコンパクトデジカメ「GRⅢ」が3/15日に発売されました。

ポケットに入るサイズ感なのに、APS−Cサイズのセンサーを搭載しているという驚きの機体です。

ぼくは普段OLYMPUSの「PEN EL-8」を愛用しているのですが、

「今日は写真を撮りにいくぞ!!」

という時にしかカメラを持ち歩きません(重たいからね)

ですが、カメラを持っていないときに限ってシャッターチャンスが訪れるんですよね(笑)

そういったシャッターチャンスを逃さないためにも、普段使い用に「GRⅢ」良いなあと考えています。

ま、懐に余裕は全くないんですが…(笑)

今週の1冊

平凡な中年サラリーマン純平のもとにかかってきたのは、色褪せかけてた青春時代からの電話。彼女、森下愛は大学時代の同級生で、純平が初めて寝た女。初めて傷つけた女…。彼女に友人の死を告げられた純平の脳裏に、仲間と5人で過ごした大学生活の思い出が蘇る。

80年代の大学生活を描いた漫画なのですが、いま大学生の僕が読んでも非常に楽しむことができました。

大学生活は「人生の夏休み」とか「モラトリアム」とか言われる時間ですが、

自分について最も深く考える時間なんだと僕は思います。

自分はどんな大人になりたいのか、どんな未来を描いていくのか、

そんなことを必死に考えて、もがいて…。

そんな必死な時間を過ごす大学生が描かれた漫画です。

ちなみに、「東京エイティーズ」はマンガBANGというアプリで無料で読めちゃいます(1日8話ずつ)

他にも、「エリアの騎士」や「GTO」なんかも読めちゃうので、

漫画好きの方は是非インストールしてみてください!

 

マンガBANG!人気漫画が毎日読めるマンガアプリ

マンガBANG!人気漫画が毎日読めるマンガアプリ
開発元:Amazia, Inc.
無料
posted withアプリーチ

今週の1枚

1日休みをもらえたので、天橋立を観光してきました。

京都市内まで電車で3時間かかるアクセスのせいなのか、めちゃくちゃ賑わっているというわけではありませんでしたが、

ゆったりとした1日を過ごすのには最高の場所でした!

老後にもう一度訪れたいなあ。

おわりに

というわけで、今週も少し短めですが、僕の「好き」を紹介していきました。

リゾートバイトは想像していた10倍以上しんどくて、毎日へとへとなのですが、

やはりホテルの仕事には「好き」を見いだせていないことが一つの原因だと感じています。

「好き」を仕事にするのが難しいというのは十分わかっているつもりですが、

残りの3年間の大学生活で自分なりの答えを出すことができたらなあと。

ま、とりあえずはリゾートバイトあと2週間程度やりきります!

それでは、また来週。

コメント