当ブログ厳選記事はこちら!

週刊しろくまくん vol.3:旅は人生をアップデートする

週刊 しろくまくん

どーも、しろくまくん(@banban1971)です。

みなさん、いかがお過ごしでしょうか??

僕は現在、四国を1週間くらい旅している真っ最中です!

てことで、この記事は高松市にある快活クラブで書いていたりします(笑)

 

高松って良い街ですね。

そこら中にアートと自然が溢れているし、自転車にやさしい街だし、パンもうどんもラーメンも美味しいし(笑)

絶賛高松にハマってます(現在高松滞在4日目)

 

おかげで愛媛と高知には時間の都合上行けなくなってしまったのですが、

また別の機会にでも訪れたいと思っています。

 

ちょっと前書きが長くなってしまいましたが、今週も僕の好きを届ける企画「週刊しろくまくん」スタートです!!

今週のPick Up記事

2019年やりたいことを逆に2月に考えてみた。
2019年にやりたいことをまとめました。本来こういうのは新年すぐにやるものだと思うんですけど、今日思い立ったので、今日書きました(現在2月3日)まあ、こういうのも良いよね(笑)夢は口に出すと叶うって結構ガチだと思うので、自分の想いを言語かする作業はこれからも続けたいと思います。

 

なぜか今さら、2019年の目標を発表したくなっちゃいました(笑)

僕は放っておくと、すぐにだらけちゃうダメ人間なので、こうやって目標を公開しておくことは大事だと感じました。

 

もっと細かく、1か月単位くらいで目標を立てても良いのかもしれませんね。

2019年中だと思っていると、12月まで手をつけないままになっちゃいそうなので(笑)

今週の1冊

 

週刊少年マガジンで連載中の人気バンド漫画。内気な高校生・榛名優はスマホが手放せず毎日Twitterばかり。そんな彼が転校した先で出会ったのは、携帯電話を持たない天真爛漫な少女・秋月風夏だった。音楽大好きな彼女に誘われて、ピアノが得意なイケメンの三笠、陸上部を引退したばかりの那智、ギターは上手いが口下手な少女の沙羅とバンドを組むことになった優。次から次に巻き起こる問題を乗り越えて、優は少しずつ大人になっていく。そして、優、風夏、幼なじみで大人気歌手・小雪の3人が織りなす恋の三角関係も…。恋に音楽に青春は止まらない! 

-マンガボックスより引用

 

「空気は読むものじゃない、作っていくものだ」

このワンフレーズがとにかく印象に残っています。

 

自分のやりたいこと・夢を実現させるためには、いつまでも神さまだよりじゃいけなくて、

きっとどんな壁が立ちはだかろうと、自分の力で乗り越えていく人だけが、

やりたいことや夢を実現することができるんだろうなと感じました。

 

今の僕には、やりたいことを実現させるだけの実力も努力もまだまだ足りないけれど、

それでも一歩ずつ歩んでいきます。

今週の音楽

↑で紹介した「風夏」の作中で歌われている曲が実は無料でダウンロードできたりしちゃいます。

「風夏」の作中歌ダウンロードはこちらから!

 

この歌の中に、

「二度と戻らない日々なんて あるわけないって強く 願うよ 聞き飽きた常識に抗って」

というフレーズがあります。

未来を紡いでいくために、過去のこともすべて力に変えていく。

そんな気持ちが伝わってきますね。

 

ぜひ、最終話と一緒に聞いてほしい一曲です。

今週の動画

最近僕がハマっているチャンネルが「inliving」です。

ぜひ一度観てほしいのですが、独特の世界観が、もうヤバいです。

「丁寧に暮らす」をまさに体現しているような人で、

僕もこんな暮らしをしたいなあと、密かにあこがれています。

今週の写真

男木島展望台からの一枚です。

この景色をみるために結構な山登りを強いられたわけですが(笑)

ここまで綺麗な景色を見せられると、そんなこと忘れちゃいますよね。

おわりに

絶賛四国旅行中ということで、この旅の期間中に僕が出会った「いいもの」を紹介していきました。

ちなみに「風夏」は今回3日もお世話になった、高松市の快活クラブで読んだものです(笑)

こういった、普段の生活では出会うことがないものに出会うことができるのも、

旅の醍醐味だったりしますね。

 

自分の価値感を定期的にアップデートしていくためにも、これからも時間を作って旅に出たいなあと思います。

 

では、また来週。

コメント