当ブログ厳選記事はこちら!

週刊しろくまくん vol.2:コンテンツを生み出す側にいるということ

週刊 しろくまくん

どーも、しろくまくん(@banban1971)です。

先週から始めた「週刊 しろくまくん」。僕の「好き」を届けていくという企画です。

 

僕自身も自分の好きなものについて深く考える時間をとれて、結構楽しいので、これからも長く続けていきたいですね。

今週のPick Up記事

今週から「note」というサービスでエッセイを書くことを始めました。

このブログはどちらかというと、「読むと役に立つ情報」を書いているのですが、

noteでは「読むと心が動く文章」を書いていきたいと思います。

 

というわけで、今週noteに投稿した2つの文章をご紹介。

#Profile/Sirokuma

#Profile/Sirokuma|Sirokuma|note
どーも、Sirokuma(@banban1971)と申します。 19歳の大学生です。 「写真と言葉でエモいを届ける人になりたい」 ということで活動しています。 主にやっていることは、「OK!しろくまくん」というブログの運営とか、 OK!しろくまくんOK!しろくまくん2018年最新版のKindle Pap...

 

noteに投稿する最初の記事ということで、僕の簡単な自己紹介となぜ発信活動をするのかという理由について書きました。

最近強く感じることなのですが、コンテンツを消費するだけでなく、コンテンツを生産する側に回ることで見えてくる楽しさって凄く大きいんですよね。

 

もちろん、YouTube観たり漫画読んだり、コンテンツを消費するのも楽しいんですが、

自分が書いた記事が読まれて、自分が撮った写真が見られて、そんなコンテンツを生み出して初めてわかる楽しさがあります。

 

これからも発信活動については続けていきたいですね。

#君の横顔

#君の横顔|Sirokuma|note
僕たちのファーストデートの思い出。 僕たちのファーストデートはもう4年も前に遡る。 いつしかメールを送り合う仲になっていた僕たちは、恋人ではないけど友達よりも深い関係だった。よく言う「友達以上恋人未満」ってやつだ。 いつものように君にメールを返そうとしたある日、 「君をデートに誘ってみよう」となぜか僕は思った。 ...

 

noteからのお題で「#ファーストデートの思い出」というものがあったので、僕のファーストデートの思い出について振り返ってみました。

 

実はファーストデートの相手が、いまの彼女さんだったりするんですが、

今となってはなんでもないことでも、あの時は緊張していたな~と振り返ってみると、

急に彼女の声が聞きたくなって電話しちゃいました。

今週の音楽

SEKAI NO OWARI-「yume」

 

「僕は夢を叶えることがあまりにも大事すぎて、叶えられないことが怖くて何もできなかった」

「叶わなければ夢じゃないと思ってて、壊れたら終わりだと思ってた。諦めなければ夢は終わらないのに」

 

この2文が胸にガツンときました。

誰にだって夢はあるのに、「どうせ自分には無理だ」という気持ちが夢を覆い隠している。

夢を追い続ける人生が素晴らしいものなのに、夢が叶うことだけを夢見てる。

夢を横目に生きる人生よりも、夢をまっすぐに追いかける人生をおくりたいなと思いました。

今週の1冊

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

言葉を操る11人のプロフェッショナルが「広告コピー」について語ったものをまとめた本です。

 

5Gが普及すれば動画の時代になると言われていますが、結局動画というコンテンツの根底にあるのも「言葉」だと僕は思っています。

「言葉」は人の心を動かすことができると信じています。

 

11人のプロフェッショナル達が語っているのも「広告コピー」というよりも「言葉でどうやって人の心を動かすか」ということ。

「言葉の扱い方とか言葉に対する考え方」について、もっと深く知りたいなと思えた1冊でした。

 

今週の動画

 

「社会運動はどうやって起こすのか」というTEDトークです。

「ファーストペンギン」という言葉をご存じですか?

「ファーストペンギン」というのは、初めてのことにリスクを怖れず挑戦する人のことを指します。

 

「ファーストペンギン」になるのはもちろん素晴らしいことで、大きな成功を収めるためにはこの「ファーストペンギン」になる必要があるといいます。

ただ、初めてのことにリスクを怖れずに挑戦するだなんて、怖くないですか??

正直、僕には無理です。

 

そんな人にお勧めしたいのがこの動画のお話(前置きが長くなってしまいましたね)

新しい運動が起こるためには、もちろんファーストペンギンになる人物が必要ですが、実はその運動を起こした人についていく「2人目の人」も同じく重要だというのです。

 

その他大勢の人は、「2人目」がどのように運動に参加するのかを見て、自分も参加しようかを決めます。

こうやって徐々に参加する人が増えていくのです。

 

この動画を観て僕は「2人目くらいならなれるかも」と思いました。

僕はきっと「ファーストペンギン」にはなれない性格ですが、自分の興味のある運動が起きようとしていたら、それをフォローする「セカンドペンギン」くらいにはなろうと思います。

今週の写真

和歌山県和歌山市の雑賀崎という港町で撮った写真です。

県外の方にはあまり知られていない場所ですが、釣りスポットとして和歌山県民の中では有名です。

昔ながらの港町の雰囲気が残っていて、フォトスポットとしても良い感じですよ。

 

さて、僕はTwitterもInstagramも、しろくまのイラストや写真をアイコンにしていたのですが、

僕という1人の人間が感じたこととか、作った作品を届けたい、もっと自分の色を出していきたいということで、

「Shirokuma」という名前で活動を始めると共に、アイコンもこの写真に変更しました。

結構自分の中では大きな変化だったりします。

イラストのアイコンだと「しろくまくん」というキャラクターを演じていると感じていたところがあったのですが、

実写だと、「僕」を全部さらけ出してる感じがして、少しむずがゆいです・・・。

 

おわりに

こんな感じで今週も僕の「好き」について綴っていきました。

 

僕は自分の中の想いを言語化して口にだすのが苦手ですが、こうやって文章にして表現することならできます。

口にだすのでも文章にするのでも、とにかく自分の中の想いを表現するっていうことの大切さを最近つくづく感じます。

 

これからも表現することを大事にしていきたいなあ。

 

それでは、また来週。

コメント