当ブログ厳選記事はこちら!

【意識高い大学生】幸福度を高めるためのオススメのモーニングルーティーン

大学生
 

どーも、意識高い系大学生のしろくまくん(@banban1971)です。

この記事では、

  • モーニングルーティンを作ることが大切な理由
  • 大学生である僕のモーニングルーティン

について書いていきます。

モーニングルーティーンとは・・・習慣化された朝の行動のこと

なぜ、モーニングルーティーンを作るのか?

決断疲れをなくすため

メンタリストDaiGoさんの↑の著書「自分を操る超集中力」でも、

人は、行動ではなく「意思決定」で疲れるのです。

とあるように、人が疲れるのは「意思決定」をしたときです。

 

つまり、朝起きて

今日はなにをしようかなー??

と考えている時点で、あなたの脳はもう疲れ始めているというわけですね。

 

 

朝の行動をルーティン化することで、「意思決定」の回数はかなり減らすことができます。

幸福度をあげるため

朝起きて、布団の中でスマホ触ってダラダラする・・・・・・

毎日そんな朝を過ごすよりも、読書をしたり、勉強したり、自分の成長のために朝の時間を過ごす方が心地良いですよね?

 

適切なモーニングルーティンを作れば、朝の時間が「あなたの成長のための時間」に生まれ変わります。

 

今日も朝からめっちゃ頑張ったな~、俺。

と自分を褒め称えられるくらいの清々しい朝を過ごしましょう!

大学生の僕が実際にやっているモーニングルーティン

それでは、1限から授業がある日の僕のモーニングルーティンを紹介していきます。

これを参考に、あなたにピッタリのモーニングルーティンを見つけて下さいね。

5:00 朝日を浴びる

僕が朝起きてまずすること、それが窓を開けて朝日を浴びることです。

太陽の強い光を浴びることで体内時計がリセットされ、質の良い睡眠のサイクルを形成することが出来ます。

 

目覚ましには、↓の記事で紹介している「Sleep Cycle」というアプリを使っているよ!

5:10 シャワー

特に夏の暑い時期なんかは寝てる間に汗をかくので、シャワーで一旦リセット。

ついでに洗顔と歯磨きもすれば、バッチリ目覚めます。

5:30 SNSのチェック

夜は大体21時以降はスマホを触らないようにしているので、朝に1度メッセージやなんやらを返すようにしています。

時間を制限しないといつまでもやっちゃいそうなので、30分しか見ないと時間を決めています(意識高め笑)

6:00 ブログを書く

この時間が1番集中できると自分でわかっているので、全力でブログにとりかかります。

Amazon Music Unlimitedでプレイリスト「カフェで流れるジャズミュージック」を聞きながら、コーヒーを横に置いておけば、ほぼスタバです(笑)

 

音楽は最近買ったBoseと同レベルの音質と言われている「EWA A106」で聞いています。

「EWA A106」のレビューはこちら↓

 

7:00 朝食

↑写真は昨日の朝ごはん

最近、おしゃれ朝食にはまりつつあります。

朝から楽しい気分になれる朝食を食べることが、午前中の効率を上げることに繋がると気づきました。

7:30 読書

「読書は最高の自己投資」ということで、毎日欠かさず読書をするようにしています。

 

最近は↓の記事でも紹介しているのですが、全ての書籍を2時間で読み終えることができるように「緩急」をつけた読書を心がけています。

明らかに読書量が増えるのでオススメです。

8:20 服を着替える

荷物の準備は前の日の夜に終わらせているので、あとは服を着替えるだけです。

服の組み合わせを5種類くらい決めていて、それをローテーションしているので服を選ぶのにも「意思決定」は必要ありません。

 

スティーブ・ジョブズは毎日同じ服を着回していたといいますが、周りの視線が気になる大学生に毎日同じ服はちと厳しいので、この方法をとっています。

しろくまくん
しろくまくん

毎日同じ服でも気にならない人はスティーブ・ジョブズの真似をするといいかもしれないくま。

8:30 家を出る

今日も朝からよく頑張ったな~。

という清々しい気持ちで家を出ます。

ギリギリまで布団でゴロゴロして、慌てて家を出て行くよりもよっぽど有意義な朝の時間でした。

 

モーニングルーティンって最高じゃない??

「意思決定」を減らし決断疲れをなくす

朝の時間を自分の成長のための時間にできる

 

そんなの最高じゃないですか?

あなたにピッタリのモーニングルーティンを見つけて、ぜひ実践してみてくださいね。

 

しろくまくん
しろくまくん

幸福度をあげていくくま!!

コメント