当ブログ厳選記事はこちら!

大学生がiPad Proでノートを取る11のメリットと3つのデメリット

iPad

どーも、しろくまくん(@banban1971)です。

僕は大学の講義のノートを全てiPad Proを使って取っています。

この記事では、実際にiPad Proでノートを取ってみて気づいた

iPad Proでノートを取る11のメリットと3つのデメリットを紹介していきます!

iPadをノートとして使おうか検討している方は、是非参考にしてみてください。

大学生がiPadでノートを取る11のメリット

荷物が減る

iPadでノートを取ることで、

  • ノート
  • 教科書
  • 筆箱
  • ノートPC
  • クリアファイル

↑のものを全てiPadに置き換えることができます!

荷物の量を減らすことで通学の間のストレスから解放されますよ!

 

また、その日の授業ごとにノートや教科書を入れ替える必要もなくなりました。

iPadでノートを取り始める前は、ノートや教科書を入れ替えるのを忘れて、

忘れ物をよくしていたのですが、今ではそんなこともありません!

ペンの種類が豊富

僕がノートを取る際に使用している「Noteshelf2」では、

  • 6種類のペン先
  • 7種類の太さ

を使い分けることができます!(しかもどんな色でも使える!)

これだけの種類のペンを持ち歩こうと思ったら大変ですよね。

でも、iPadでノートを取るなら「Apple Pencil」1つで充分なんです!

配付資料を整理しやすい

僕は講義中に配られた資料を全てスキャンして保存しています。

 

こうすることで、資料をなくすことを防げますし、整理も楽ちんです。

また、ネット上で配られる資料なんかも一緒にまとめておけるため、

あの資料ってどこに保存したっけ・・・?

ということも防げます。

 

小さい文字や図表が書きやすい

僕がノートを取る際に使用している「Noteshelf2」では、ノートを拡大して書く機能や、フリーハンドで書いた図形を綺麗に整形してくれる機能があります。

 

 

しろくまくん
しろくまくん

ノートを取る際のスピードもクオリティも、両方上げることができて便利くま。

消耗品を買う必要がなくなる

もちろん、

  • シャーペンの芯
  • ボールペンのインク
  • 消しゴム

などの消耗品を買い換える必要もなくなります!

スマホでいつでも見直せる

iPadで取ったノートは、自動的にスマホと同期することができます。

なので、iPadを持ち歩いていないときでも、いつでもノートを見直すことができます!

しろくまくん
しろくまくん

小テスト前の確認などで便利くま!

消すのが楽

書いた文字を消すときも、ペン先でなぞるだけ。

しかも、1つ前の状態に戻ることができるUNDO機能もあるため、

気軽に書いたり、消したりすることができます。

友達との共有が簡単

iPadで取ったノートは、pdf形式で保存することができ、

LINEなどで簡単に友達に共有することができます。

試験前に

ノート見せて!!

と頼まれたときにも、スマートに対応できますね。

急な追記に対応できる

iPadに書いた文字は↓のように、後からいくらでも移動したり、拡大縮小したりできます。

なので、後から書き足したいことが出てきても大丈夫なんです。

120Hzのリフレッシュシート

120Hzのリフレッシュシートってなんのこと??

と思う方もいるかと思いますが、簡単に言うと

画面を更新する頻度が、他のデバイスの二倍以上

ということです。

つまり、より本物のペンで書いているような感覚で書くことができるということ。

もはや、iPadとApple Pencilの組み合わせは、デジタルノートの域を脱しました。

Split Viewが便利

↑のように、「Split View」という機能を使えば、

ノートアプリを起動しながら、ブラウザで調べる

といったことも可能です。

調べ物をしながらノートを取りたいときには便利ですね!

大学生がiPadでノートを取る3つのデメリット

高い

iPadは学生にとってはかなり高価です。

僕が使っている”iPad Pro 12.9インチ”は本体価格だけでも12万円以上します。

なので、「ノートを取るためだけ」にiPadを買うのは勿体ないです。

僕は

  • 画像編集
  • イラスト
  • 動画視聴
  • 雑誌を読む用の電子書籍リーダー
  • パソコンのサブディスプレイ

として使う予定もあったため、購入に踏み切ることができました。

紙のノート以外持ち込めないテストも

講義によっては”持ち込み可”のテストもあるのですが、

「紙のノートと講義で配ったレジュメ以外は持ち込めない」

テストもあります。

そんなときは、iPadでスキャンした資料や書いたノートを印刷しないといけなくなります。

充電が切れるとなにもできない

当り前ですが、電子機器なので充電が切れるとなにもできません。

iPadのバッテリーはかなり優秀なので、1日使っただけでバッテリー切れになる心配はほとんどありませんが、

それでも2,3日充電しないとなると、充電が切れてなにもできなくなることも・・・。

寝る前に忘れずに充電、もしくはモバイルバッテリーを持ち歩くようにしましょう!

iPadは大学生がノートを取るのに最適!!

iPadでノートを取るメリットをおさらいすると、

  • 荷物が減る
  • ペンの種類が豊富
  • 配付資料を整理しやすい
  • 小さい文字や図表が書きやすい
  • 消耗品を買う必要がなくなる
  • スマホでいつでも見直せる
  • 消すのが楽
  • 友達との共有が簡単
  • 急な追記に対応できる
  • 120Hzのリフレッシュシート
  • Split Viewが便利

といったことでした。

確かに、iPadは大学生には高い買い物ですが、値段相応の価値があると僕は思います。

一歩進んだノートテイキングを始めたいあなたは、是非iPadでノートを取ることを検討してみてはいかがでしょうか??

 

↓のページで、iPad Proの良さを存分に語っています。

2018年版iPad Pro 12.9インチの良さって結局なに??
この記事では2018年、最新版のiPad Proだからこその良さをまとめました。2018年版のiPad Proには、これまでのiPad Proにはない性能、良さがたくさんあります。iPad Proの購入を検討している方は是非参考にしてみてください。

 

↓のフィルムを使うと、さらに紙の書き心地に近づきます。

コメント