当ブログ厳選記事はこちら!

僕は僕を諦めた。僕は僕に諦められた。

オピニオン

いつからだろう?文化祭のようなみんなで力を合わせようというイベントが嫌いになったのは。

いつからだろう?100点じゃなくて80点を目指すようになったのは。

いつからだろう?周りの目を気にして街中を歩くようになったのは。

 

僕は自分で言うのもなんだが優秀な子どもだった。

勉強も運動も出来たし、女の子にもモテた。クラスではリーダーシップを取る方だった。

自慢のように聞こえるかもしれないが、それは違う。全部「だった」だけなのだから。

 

中学受験をした。志望理由は「高校受験をしなくていい」ただそれだけ。

そこでも僕はある程度「やれる」という気持ちがあった。それまでと同じように。

でも、違った。

僕より勉強が出来る奴も、

僕より運動が出来る奴も、

僕よりモテる奴もそこにはたくさんいた。

僕がそこでリーダーシップを取ることはなかった。

僕は自分からすすんで舞台の真ん中を誰かに譲った、というよりも僕は舞台から逃げ出した。

 

僕は「そこそこ出来る奴」を目指すようになった。

幸いある程度頑張れば「そこそこ出来る奴」にはなれた。

でも、1番は目指さなかった、目指せなかった。

 

僕は僕を諦めた。

僕は僕に諦められた。

コメント