当ブログ厳選記事はこちら!

【2018年版】電子書籍と紙の本は結局どっちを選べば良いの??

どーも、しろくまくん(@banban1971)です。

この記事は、電子書籍と紙の本のメリット・デメリットを説明し、結局どっちを選べば良いのか??ということを考察したものとなります。

「電子書籍も紙の本もどっちも良いところと悪いところがあるから、好きな方を選ぼう!」という曖昧な結論ではなく、きっぱりとどちらの方が良いか結論を出しました。

最初に結論から申しますと、電子書籍の方が良いです。

紙の本のメリット

紙の質感

紙の本の質感には確かに惹かれるものがあります。また、インクや新しい紙の匂いが読書の世界に没頭させてくれます。

記憶に残りやすい

ノルウェーの研究者であるアン・マンゲンによる研究によれば、高校1年生を2つのグループに分け、それぞれ紙の教科書とPDFファイルの教科書を使ってもらったところ、PDFファイルの教科書を使ったグループの方がテストの結果が悪かったという研究結果もあります。紙の本を使った生徒は文章を見返す際、紙のページを素早くめくり、目的の情報を簡単に見つけ出していたそうです。

そのため五感とともに内容を記憶する紙の本と比べて、電子書籍では記憶の定着が悪くなります。 (Susan Weinschenk 2016 続・インターフェイスデザインの心理学)

このような研究結果にもあるように、紙の本を読んだ場合と電子書籍を読んだ場合では、紙の本を読んだ方が記憶の定着がすすむということが明らかになっています。

読み終わった本を売ることができる

紙の本なら読み終わったあとに売ることも出来ます。手間はかかりますが、メルカリなどのフリマアプリで売れば、それなりのお金を回収することも可能です。

紙の本のデメリット

置き場所がなくなってくる

買った本を全て売らずに置いておくとなると、膨大なスペースが必要になってきます。

本を捨てるということに抵抗がある人にとっては無視できないデメリットでしょう。

また、どの本を捨てて、どの本を売るかと決めるために、常に整理が必要になってきます。

何冊も同時に持ち歩けない

1冊くらいなら鞄に忍ばせることも出来ますが、2冊3冊となってくると重たくて持ち運ぶのは不可能です。外出先の気分で読む本を変えられないというのはデメリットでしかありません。

 

電子書籍のメリット

保管場所に困らない

電子書籍なら、何百冊、何千冊と本を買っても保管場所に困りません。捨てたり、売ったりする必要が無いので、買った本はいつでも読み返すことができます。

何百冊もの本を同時に持ち歩ける

紙の本と違い、何百冊ダウンロードしてようが、持ち運ぶのは電子書籍端末1つだけなので、外出先の気分に合わせて読む本を変えることができます。

欲しい本がすぐ買える

ネットで書評記事なんかを読んで、「読みたい!」と思った瞬間に購入して読むことができます。わざわざ本屋さんまで行って買うなんていう手間がかかりません。

安い

電子書籍は紙の本を買うよりも製本するコストがない分かなり安く買うことができます。紙の本なら有料の書籍が電子書籍版だけ無料というのもよくある話です。

マーカーを引いたり、メモをしたりということがすぐに出来る

↑の記事で紹介している「実行するための読書」では、大事なところにマーカーを引いたり、メモを書き込んだりするという行為が必要です。

わざわざマーカーを持ち歩かなくても、大事な部分に印をつける昨日が電子書籍にはあり、これがかなり便利です!

検索機能が使える

書籍内のワードについて、どこに書いてあるのか検索することが可能なので、

「あれ?このワードさっきも見たけど、どこで見たっけかな?」

ってなったときにすぐにそのページを探すことが出来ます。

読み放題サービスがある

Amazonが提供する「KindleUnlimited」など、電子書籍には月額で本が読み放題というサービスがあります!それも、本を1冊読めば元が取れるような値段設定になっており、損をすることがありません。

詳しくはこちらからチェック!!

 

電子書籍のデメリット

電子書籍に明確なデメリットは存在しません。

一般的に言われているデメリットには

  • 目が疲れる
  • バッテリーが切れる
  • 記憶が定着しにくい
  • 電子書籍化されていないものは読めない

といったものがありますが、全て机上の空論であります。

 

目が疲れる

たしかに、スマホやタブレットを電子書籍端末として使用した場合はブルーライトにより、目への疲労は避けられません。

しかし、しかしです。

電子書籍専用端末であれば、Eインクという特殊なインクを使っていて、目を刺激する原因であるブルーライトがありません。

また、Eインクは明るい日差しの中でも、画面が反射することがないという優れものです!

バッテリーが切れる

僕の経験から言うと、1日2,3時間読んでも、1週間はバッテリ-が切れることはありません。

読もうと思ったのに、バッテリーが切れてて読めない・・・

なんてことはほぼほぼ起こらないのです。

記憶が定着しにくい

これは、そもそも読書の仕方を変えれば解決します。

先ほども出てきた↑の記事で紹介されている「実行するための読書」実践すれば、電子書籍でも充分記憶が定着します。

電子書籍化されていないものは読めない

たしかに、10年前だったらそのようなことも起こったでしょうが、2018年現在では、ほとんどの本が電子書籍化されています。

絶版されている本ですら電子書籍化されているものも多くあるので、その懸念は無用ですね。

結論!紙の本よりも電子書籍で本を読むべき!

以上のように電子書籍には数多くのメリットがある上に、これまでデメリットとされてきた部分はほぼ全て解決されています。

紙の本しか読んだことないという人は、この機会に電子書籍に手を出してみてはいかがでしょうか??

しろくまくん
しろくまくん

僕はもう8割方電子書籍で本を読んでるくま。

 

電子書籍リーダーには「Kindle Paperwhite」がおすすめです!

コメント

  1. […] 【2018年版】電子書籍と紙の本は結局どっちを選べば良いの??どーも、しろくまくんです。 この記事は、電子書籍と紙の本のメリット・デメリットを説明し、結局どっちを選べば良い […]

  2. […] です。電子書籍なのに紙の読み心地という部分がとても気に入っています! 紙の本と電子書籍どちらの方が良いのか??を比較した記事は↓になります。 https://oksirokuma.com/e-book-vs-book-2018 […]

  3. […] 【2018年版】電子書籍と紙の本は結局どっちを選べば良いの??どーも、しろくまくん(@banban1971)です。 この記事は、電子書籍と紙の本のメリット・デメリットを説明し、結局どっちを […]

  4. […] 【2018年版】電子書籍と紙の本は結局どっちを選べば良いの??どーも、しろくまくん(@banban1971)です。 この記事は、電子書籍と紙の本のメリット・デメリットを説明し、結局どっちを […]

  5. […] 【2018年版】電子書籍と紙の本は結局どっちを選べば良いの??どーも、しろくまくん(@banban1971)です。 この記事は、電子書籍と紙の本のメリット・デメリットを説明し、結局どっちを […]

  6. […] 【2018年版】電子書籍と紙の本は結局どっちを選べば良いの??どーも、しろくまくん(@banban1971)です。 この記事は、電子書籍と紙の本のメリット・デメリットを説明し、結局どっちを […]