当ブログ厳選記事はこちら!

【書評・内容まとめ】「ゼロ」 ホリエモンの生き方から感じたこと

どーも、しろくまくん(@banban1971)です。

 

この記事では、ホリエモンこと堀江貴文さんの著書「ゼロ なにもない自分に小さなイチを足していく」で、僕が心揺さぶられた部分をまとめていきます。

 

「ゼロ なにもない自分に小さなイチを足していく」は、「働く」ということにスポットを当てながら、堀江貴文さんの人生について赤裸々に語られた本です。

 

お金のために働くのは嫌だ。

なんのために働くんだろう・・・。

自分に自信が持てない・・・。

そんなあなたに是非読んで欲しい1冊です!

「ゼロ」 内容まとめ

それでは、「ゼロ なにもない自分に小さなイチを足していく」で僕が心揺さぶられた部分をまとめていきます!

お金は「もらう」より「稼げ」

ほとんどのビジネスマンが、「我慢した時間の分のお金をもらう」ことによって収入を得ています。

 

しかし、本当に目指すべきところは「労働を提供しお金を稼ぐ」ところにあるのです。

 

AI技術がますます発展していく中で、社会に提供できるものが「自分の時間」しかないという状況は、はっきり言ってピンチですよ!

 

時間以外に提供できるものを見つけましょう!

まずは、小さな成功体験を積み重ねよう

叶えたい夢がある!!

そう言いながらも、実際は行動に移さない人がほとんどです。

堀江さんはその原因を経験値が足りないからだと言います。

1歩を踏み出せない人に共通しているのは、経験値の不足からくる自信のなさなのです。

 

では、その経験値を手に入れるためにはどうすれば良いのか??

その答えは本文中の↓の文章にありました。

経験とは経過した時間ではなく、自らが足を踏み出した歩数によってカウントされていくのである。

 

ドラクエでも、町をいつまでも徘徊しているだけじゃ経験値が貯まらず、町の外でモンスターを倒して初めてレベルアップができましたよね??

それと同じで小さな経験(ドラクエで言うとスライムを倒すとか)を積み重ねていくことで、少しずつ大きなことにチャレンジしていけるようになるんです!

 

まずは、小さな挑戦から始めてみよう!

成功するには努力しかない

物事を成功するためには↓の過程を踏むしかありません。

 

 

まずは、「挑戦」することで「0→1」に持って行く必要があります。

実はこの部分が1番大変なんです。

誰だって新しいことにチャレンジするにはエネルギーが必要ですよね。

しかし、堀江さんの↓の言葉を読んでみて下さい。

失敗しても失うものなんてたかが知れている。なによりも危険なのは、失うことを怖れるあまり、1歩も踏み出せなくなることだ。

挑戦というリスクを取らないことが、1番のリスクになってしまうということですね。

 

そうして「0→1」に持って行ければ、あとは1を地道に積み重ねていくだけです。

ここで、知っておいて欲しいことは「近道は存在しない」ということ。

「1+1+1+1+1+・・・」はできても、「1✕2✕3✕・・・」といったことは出来ません。

 

僕たちにできるのは地道に1を積み重ねていくこと、つまり努力をすることだけなんです。

 

1歩ずつ進んでいこう!

「ゼロ」を読んで・・・  「はじめの1歩を踏み出そう!」

「ゼロ なにもない自分に小さなイチを足していく」を読んで、

よっしゃ!!俺も頑張るぞ!!

と思った方は多いかと思われます(僕もその1員ですしね笑)

 

しかし、結局行動に移せる人は数えるほどしかいません。

そんなの勿体ないですよね??

 

てことで、目標に向けて努力をするために目標を公言してみましょう。

 

友達や親に言うのもいいですし、Twitterで言うのでもいいです!

目標は口に出すことで、達成に近づきますよ!

コメント