当ブログ厳選記事はこちら!

【書評】ホリエモン著「多動力」内容まとめ -結局、人生楽しんでいる人が勝ち

どーも、しろくまくん(@banban1971)です。

この記事では、堀江貴文さんの著書「多動力」の内容をまとめていきます。

 

 
堀江貴文さんといえばライブドアの創設に始まり、ロケット産業、本の執筆、アプリ755の開発、テレビの出演・・・と本当に様々なことを手がけていますよね。
 
 
そんな堀江さんが書いたこの本は、現代人が身につけるべき「多動力」について書かれてあります。

多動力とは・・・??

そもそも、多動力とはなにか??

本書前書きによると、

 

「多動力」とはなにか?

いくつもの異なることを同時にこなす力のことを言う。

-「多動力」前書きより引用

 

実はこの「多動力」、一昔前なら

落ち着きがない!!

とマイナスイメージの塊でした。

 

しかし、「これからの時代この「多動力」こそが最も必要な能力だ。」

と堀江さんは言います。

多動力が必要な理由

「多動力」が必要な理由、それはインターネットが登場したからです。

 

↓の図を見てください。

 

例えば、テレビ業界ならテレビのことだけを考えていれば大丈夫でした。

 

しかし、今テレビ会社の競合は他のテレビ会社だけでなく、スマホを通して行なうことができる全てなのです。

 

そのため、テレビ会社であってもテレビのことだけを考えるのではなく、例えば「Tik Tok」を使った広告を考える必要があるのです。

 

「多動力」内容まとめ -100万分の1の人材になれ

まず、1つのことに1万時間取り組めば、100分の1の人材になることができます。

 

そして大切なのが、ここで別の分野のことに取り組むことです。

その分野でも1万時間かければ、

と、1万分の1の人材になることができます。

 

さらに別の分野でも1万時間かければ、

と、100万分の1の人材になることができます。

 

ここまでくればもうこっちのものです。

100万分の1の人材となったあなたは、誰にも取り代わることができない唯一無二の存在になります。

 

そうしてあなた自信の価値を高めていくことが大切なのです。

「多動力」内容まとめ -やりたくないことはやるな

例えば、掃除や洗濯など「やりたくないけど、やらないといけないこと」ってありますよね。

 

同じように「付き合いたくない人」と付き合わないことも大事です。

例えば、平気で待ち合わせに遅刻してくるような人、一緒に居るとなんだか嫌な気持ちになる人。

 

そんな人と付き合うのはもうやめましょう。

 

「やりたくないことはやらない」

「付き合いたくない人とは付き合わない」

 

そうして、1日24時間をワクワクすることで埋め尽くすことが大切です。

「多動力」内容まとめ -人生に目的なんてない

なんのために生きているんだろう・・・

あなたはそんな悩みを持っているかもしれません。

 

しかし、「人生に目的なんてない」のです。

 

人生は↓のようにサイクルを回していくだけというのが、堀江さんの考えです。

 

 

まずは、

「自分が面白いと思うこと、楽しいと感じること」

をとにかくやるしかないのです。

ホリエモン著「多動力」を読んで・・・

本書は、各項目の最後に「やってみよう!」リストがついています。

正直実行に移すのが難しいものもありますが、中には今すぐ取りかかれるものもあります。

 

まずは、そうしたことから実行に移していきましょう。

僕はまず、

「知らないことを恥ずかしがらずに質問する癖をつける」

ところから始めたいと思います。

 

あなたはなにから始めますか?

 
 
 
 
Amazonプライム会員なら、今回紹介した「多動力」が無料で読めちゃいます!
 
他にも、
  • 配送料が無料
  • プライムビデオで映画やドラマが見放題
  • 「多動力」以外にも無料で読める本が多数ある
  • プライムミュージックの音楽が聴き放題

 

と特典盛りだくさんです。

 

学生なら、無料体験6ヶ月+年会費2000円弱

とさらにお得な内容となっております!!

 
まずは、無料体験から始めてみましょう↓
プライム会員の無料体験はこちらからどうぞ
 
 

コメント