当ブログ厳選記事はこちら!

【書評】「自分を操る超集中力」集中力を高めるためのメソッドまとめ

どーも、しろくまくん(@banban1971)です。

この記事では「自分を操る超集中力」という本に収録されている「集中力を高めるためのメソッド」をまとめています!

この本の著者であるメンタリストDaiGoさんは

  • TV出演
  • 企業研修
  • 経営者への戦略的なアドバイス
  • ニコニコ動画を週4放送
  • 毎日20冊の読書
  • ほぼ毎日フィットネスジムに通う
  • まとまった休暇での海外旅行

と化け物じみた作業量をこなしています。

そして、その作業量を可能にするのが「自分を操る超集中力」で紹介されているメソッドなのです。

 

すぐに始められ、かつ効果がすぐ表れるものに絞って解説されているので、

なんで僕ってこんなに集中力がないんだろう・・・

とお悩みのあなたは是非今すぐ読んで下さい!

そもそも集中力とは・・・??

集中力を高めるためのメソッドを紹介する前に、集中力について覚えておいて欲しいことを先に軽く紹介していきます。

集中力は鍛えることができる

集中力にまつわる最大の誤解とは、「集中力=生まれ持った資質」という思い込みです。

とあるように、集中力は生まれつき備わるものではなく、鍛えることができるものです。

つまり、正しい理論を身につけトレーニングすれば、誰でも思うように集中力をコントロールすることが可能なのです!

集中力の出所は一つである

次に覚えておきたいのが、集中力の出所は一つしかないということです。

集中力とはつまり、思考や感情をコントロールする力のことです。

「レポートを仕上げる」のに使う集中力も、「ダイエットのために間食を控える」ために我慢するのにも同じパワーが使われます。

集中力を増やす方法

集中力を増やすには、日頃無意識に行なっている行為を「やらないようにすること」が最も有効的です。

例えば、猫背にならないように意識するなど姿勢を保つようにするだけでも集中力は増やすことができます。

集中力を高めるためのメソッドまとめ

それでは、集中力を高めるためのメソッドを1つずつみていきましょう。

この記事では、僕が実践して特に効果があったなと感じたもののみを紹介しています。この記事で紹介している以外にも「自分を操る超集中力」では様々なメリットが紹介されています

ポモドーロテクニック

ポモドーロテクニックのやり方は極めて簡単。

取り組むべきタスクを短い時間単位に分割し、5分間の休憩を挟みながら処理していくだけ。時間をかけずに集中状態に入るための訓練にもなり、続けていけば、注意力や集中力も強化されます。

というものです。

もう少しやりたかったな~。

という気持ちを残しておくことで、素早く集中モードに切り替わることが可能になります。

 

ポモドーロテクニックについては↓の記事で詳しく説明しています。

集中できる環境をつくる

  • スマホを机の引き出しにしまう
  • 部屋を整理整頓された状態に保つ
  • 机の上に鏡を置く

などなど、自分が集中できるための場所作りを意識しましょう。

 

ちなみに僕は↑の項目にプラスして、集中したいときは「Noisli」というアプリで音楽を流しながら作業をしています。

自然音を聞きながら作業をすることで、リラックスできるのでお薦めです!

Noisli

Noisli
開発元:Noisli Ltd
¥240
posted withアプリーチ

パワーナップ

パワーナップとは、ベッドや布団で横になる昼寝とは違い、目を閉じ、じっとして休息することで疲れと眠気を取り去る休息法のことです。

15分のパワーナップは、3時間の睡眠に匹敵するとも言われており、その効果は絶大です。

 

パワーナップについては↓の記事で詳しく説明しています。

アイビー・リー・メソッド

アイビー・リー・メソッドとは、一つの作業が終わるまで、断固として次のことをやらないというメソッドです。

 

具体的には、

  1. 紙に「明日やるべきこと」を6つ、メモする
  2. その6項目を重要だと思われる順に1,2,3,4,5,6と番号を振る
  3. 翌日、このメモに従って仕事を進める
  4. もし全部出来なかったら、悔やむことなく忘れる
  5. その後、明日のための6つの項目を新しくメモする
  6. 1~5を丁寧に繰り返す

といったものです。

 

マルチタスクになろうとするのではなく、目の前のことに全力で取り組むことで、一つ一つの作業効率を上げていきます。

バッチ処理

バッチ処理とは、細かい仕事は1日の終わりなどにまとめて片付けるというノウハウです。

仕事や勉強中に思いついた細かい仕事を、付箋やメモ帳に書き留めておき、最後にまとめて片付けます。

集中状態に入ったら、それ以外のことをやらない方が集中力は続くということを覚えておきましょう。

朝活

朝は脳が最もフレッシュな時間帯です。その時間を有効活用しない手はないですよね?

 

「自分を操る超集中力」で薦められている具体的な行動アイデアとしては、

  1. 朝食を摂る
  2. 朝日を浴びながら軽く汗を流す
  3. モチベーションの上がるものに触れる
  4. 感謝をノート等に書く
  5. 今日が人生最後の日ならと自分に問いかける
  6. 1日の計画を10分以内に立てる
  7. 瞑想

があります。

まずは、取りかかりやすいところから始めてみてはいかがでしょうか?

 

↑を参考にした僕のモーニングルーティンはこちら!

「自分を操る超集中力」 まとめ

この記事で紹介した「自分を操る超集中力」では、誰でも今すぐに取りかかることができるメソッドが沢山収録されています。

僕自身もこの本に書かれてあるメソッドのおかげでそれなりに多忙な毎日でも、こうしてブログを続けることが出来ています。

 

ぜひお手にとってみてはいかがでしょうか?

 

マンガ版や図解版も発売されていますよ↓

コメント